« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十二日丁卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十七日壬申 »

2024年6月10日 (月)

吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十五日庚午

晴れですが、申の刻(午後四時頃)から雨になりました。
今日、将軍頼朝様は石清水八幡宮へお参りに行かれました。若君も牛車に同乗しましたとさ。伊賀守田村仲教・大内相模守惟義・毛呂豊後守季光が先払いです。警護の騎兵二十騎が将軍様の前後に分かれたお供をしました。
 前の護衛兵
  北条小四郎義時   小山左衛門尉朝政
  三浦兵衛尉義村   葛西兵衛尉清重
  大友左近将監能直  新田四郎忠常
  後藤左衛門尉基清  八田左衛門尉朝重
  里見太郎義成    武田五郎信光
 後の護衛兵
  千葉新介胤正    土屋兵衛尉義清
  稲毛三郎重成    梶原左衛門尉景季
  佐々木左衛門尉定綱 土肥先二郎
  足立左衛門尉遠元  比企右衛門尉能員
  小山七郎朝光    南部三郎光行

« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十二日丁卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十七日壬申 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十二日丁卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小十七日壬申 »