« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小二十四日己卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)五月小三日丁亥 »

2024年6月15日 (土)

吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小二十七日壬午

将軍頼朝様は、梶原平三景時を代参として、住吉大社へ幣帛(布)を納め、馬を奉納しました。
夕方になって梶原平三景時は神社に着いて、和歌一首を釣殿の柱に貼ってきましたとさ。
 わが君の手向けの駒を引き連れて、行く末遠き印表せ
 (私のご主人様から奉納のために預かってきた馬を連れてきましたので、その未来は遠くまであると神の意志を表してくださいね)

« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小二十四日己卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)五月小三日丁亥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)四月小二十四日己卯 | トップページ | 吾妻鏡第十五巻 建久六年(1195)五月小三日丁亥 »