« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)六月大三十日己未 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)七月小八日丁卯 »

2024年2月10日 (土)

吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)七月小三日壬戌

民部卿吉田経房が云ってきた事があります。
東大寺完成祝賀式典の日について、来春の正月にしようと、すでに決められているものの、遠い国の連中が、仏様との縁を結ぶために京都へ集ってきたのでは、正月と重なり時期が悪いのではと、申し上げたところ、この行事出席のため将軍頼朝様が京都へ上るとすれば、お供の連中は正月をのんびり迎える事も出来ないと、文句をつける時期でしょう。それならば、多少延期した方が、開眼供養に集る民衆も願いが叶うだろうと、伝えるようにとのことだそうです。

« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)六月大三十日己未 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)七月小八日丁卯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)六月大三十日己未 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)七月小八日丁卯 »