« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小十四日甲戌 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小二十四日甲申 »

2024年1月30日 (火)

吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小二十日庚辰

宇都宮左衛門尉朝綱法師が、国衙領百余町(100ha)の年貢を横取りしたと下野国司(県知事)の行房が、後鳥羽上皇の了解を得た上で、代官を派遣してきて、この事を訴えて来ました。
将軍頼朝様は、特に驚いてその訴えを聞かれました。代官の云う事が本当ならば、重罪に処罰するように、命じられましたとさ。

« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小十四日甲戌 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小二十四日甲申 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小十四日甲戌 | トップページ | 吾妻鏡第十四巻 建久五年(1194)五月小二十四日甲申 »